BLOG ブログ

2020.09.08

建築士の手帳 | VOl.2 「無垢材」について

 

どうもこんにちは!建築士の鈴木です。

 

こちらの建築士の手帳では、僕が日々思う建築にまつわるメモをご紹介。

家づくりの小さなヒントになれば幸いです。

 

本日は「無垢材」についての話

無垢フローリングや珪藻土、木を使った造作の建具。

肌に触れる感覚がとても優しく、弊社の中でもとても人気があります。

最近はネットでも見かけることが多くなりました。

 

今回はそんな無垢材の使いどころをご紹介!!!

 

無垢材の使いどころを迷うポイントは意外と多く存在します!

例えば予算

無垢材といっても様々ですが、一般的に新建材と言われる工業的に作られるものより、高価になりがちです。

お部屋は全部珪藻土にしようと思っていたけど、予算的に合わない。など、、

無垢材以外にもやりたいことはたくさんあります。多くの方が迷われる部分です。

他にも使用用途で迷う時もあります。

床は本物のタイルにしたいけど、掃除の事も考えると、サッと拭き取れるフロアタイルの方がいいんじゃないか。など

 

そんな時の無垢材の使いどころとは、、、

 

 

 

肌に触れる部分かどうか、自分の生活スタイルに密接した部分かどうか!

 

 

 

だと僕は思っています!

というのも、

無垢材の魅力=質感、肌で触れているときや接近しているときの存在感。

であると僕は考えています。

見た目だけでいえば、近頃の新建材は非常にデザイン性が向上しており、

フローリングで比べても、遠くから見れば見分けがつかないことだってあります。

ですが質感はかなり異なります!

無垢フローリングと新建材のフローリングを素足で歩けばその違いは歴然です。

 

なので、肌に触れる部分から、無垢材を取り入れていく事が1番メリットを感じられるかと思っています。

 

例えば床材なら、素足で歩く可能性が高く、長い時間くつろぎ、床で横になったりすることがあるお部屋。

珪藻土などの調湿仕上げで言えば、壁を優先し、天井はクロス貼りという考え方もオススメです。

実は弊社の金沢八景SRも壁は珪藻土,天井はクロス仕上げですが、それに気づかれるお客様はほとんどいません。

(よ~くみないとわかりません。)

 

使用用途で迷ったときは、その無垢材の持つ質感が自分にとって重要なのか否か、を判断基準にすることが大切だと思います。

木の暖かさ、鉄の冷たさ、タイルの乾いたカツンという感じ、石の深みのある硬さ。

肌で感じる質感を自分がどれだけ生活の中で重要視しているか、、という形で他の条件と比較してみるのもよいかもしれません。

 

ということで

無垢材の使いどころ→肌に触れる部分かどうか、自分の生活スタイルに密接した部分

(あくまで僕の意見です!)

 

質感以外にも調湿や脱臭効果のある無垢材。

適材適所に使って、理想の住まいに近づく事が出来れば幸いです。

 


 

建築士の手帳

建築士の手帳では、僕が日々思う建築にまつわるメモをご紹介。

家づくりの小さなヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧に戻る